株式投資で多くの人が勝てない理由

あなたが株に興味がある理由は何ですか?
もちろん、人それぞれ株式投資を始めるきっかけはあるでしょうが、必ずこう思ってはじめたと思います。
「資金を増やしたい。お金もを儲けたい」

 

 

そうですよね?なのに、株式投資の世界では、95%の個人投資家が損をしていると言われています。
ほぼ全員、負けているのです。
なぜそんなに多くの人が負け組の中に入ってしまうのか?

 

 

多くの人は、この質問をしながらも、正しい答えをつかめないまま、負ける投資を繰り返しており、誰も明確な答えを出せないでいるからです。
負ける理由を知らないでいると、あなたは永遠に株式投資でお金を減らし続けることになりますよね。

 

 

負ける理由を知らなければ、毎日のようにインターネットや書籍で勉強したり、各種セミナーにも参加しているのにも関わらず、株式市場にお金を払い続け、資産をじりじりと減らしていくということにもなりかねないのです。
自分がどうして負けているのか? これがわからないのは、進んでも出口が見えないトンネルに迷い込んでいるのに、やみくもに走り回っているようなものです。

 

 

あなたはこういう経験をしたことはないでしょうか?
株式市場があいているときは、買った株が上がるか、不安で不安で何も手につかず、頭にあるのは今、自分の株は上がっているのか?下がっているのか?どうなっているのかということばかりが気になる。

 

 

負けた日は、仕事が終わると急いで家に帰ってパソコンを立ち上げ、実際に減ってしまった資産を目の当たりにしてしまう。
暴落に会い、地すべりのように急落した株を持った日には、塩漬けになった株を思って夜も眠れなくなってしまい、さらに眠れたとしても前日の記憶が残っていて、目覚めがとても悪い…。

 

 

ですが、これから話す内容を理解することによって、こんな不安定な株式投資は、今後いっさいしなくなると思います。
そんなほとんどの人が株式投資で勝てない理由には以下のものがあります。

 

@自分の感覚でトレードをやっているから
まず、多くの人がやってしまう間違いがこれです。例えば日経平均が大きく上昇したのを見ると自分もその流れに乗り遅れまいと焦り、買うつもりがなかったのに、つい株を買ってしまう。

 

 

また、今日は気分が乗らないから持っている株を全部売った。など、自分のそのときの感覚や感情でトレードをしてしまっているのです。
特に最近ではこういった裁量トレードが流行っていることもあり、ますます損をするトレーダーが増えているようです。
今、このような考えが常識となっていますが、本当に儲かっている投資家はまずそんなことはしません。

 

 

A雑誌やメルマガ、新聞を信じて真似しているから
最近は株の雑誌やメルマガなどがたくさんありますね。
そこでは有名投資家の手法や推奨銘柄が公開されているので、それらをそのまま信じて真似して買っている人がいます。

 

こういった人たちは、自分の感覚で株式投資をやってみたけどうまくいかなかったので、今度は真似をしてみようと、はじめるようです。しかし、それもうまくいくはずもありません。

 

なぜなら、雑誌やメルマガなどで紹介されている手法は
・何を買っても儲かるような上昇相場のみ通用した手法
・後付けで当てはめただけの手法
・本に書いてあるような当たり前のこと
・実際にはトレードできない机上の空論
・全くのインチキであったり
・単なるお金儲けのためのビジネスとしてやっているだけ

 

だからです。
大半の人が、その手法が使い物にならないというのに気がつくのは大きな資金を失った後ということになります。
何がいけないかというとすべて「根拠のないトレード」で売買しているからなんです。

 

 

では、どうしたらよいのか?答えは、以下のページをご覧ください。

 

 

株で勝つ科学的根拠がある方法

 

シンプルデイトレシステムの詳細を見てみる